浮気を認めず白を切る夫に証拠を突き付けて浮気相手と別れさせました

浮気を認めず白を切る夫に証拠を突き付けて浮気相手と別れさせました

20代女性、結婚を機に名古屋から東京へ引っ越して来ました。
入籍後3ヶ月は遠距離婚の状態でした。
私が正社員の遠距離時代から(プロポーズ直後)から浮気が始まり、東京に引っ越して転職活動をしながらの主婦をして3週間後に発覚しました。
浮気相手は旦那の会社の同期の女の子で、私の一歳上でした。

 

発覚したきっかけは夫婦共用で使っているパソコン。旦那がGmailにログインしっぱなしにしていたのです。
夕食の約束からいつかの行為の詳細まで丸わかりです!

 

それ以前から、急に深夜まで飲んで帰ることが多くなったり、同居後も夕飯を作り終えた頃に急な飲み会が立て続けに入ったり、メンソレータムしか使わないはずの旦那がお高いオーガニックのリップクリームをつかっていたりと、怪しいところは多々ありました。

 

本格的に疑い始めたのは、金曜の夜帰宅せず、電話にも一切出ずに土曜の昼まで帰らなかった時です。
心配して仮眠のみで待っていたのに、近寄りもせずしどろもどろの言い訳をしてさっさとお風呂に入って寝る始末。ラブホのアメニティの匂いがしたら一発でばれてしまいますからね。

 

発覚後は旦那の昼休みになった瞬間に電話をかけまくり。個人携帯、会社携帯両方に20件くらい着信を残したと思います。もちろん旦那が出なかったのは彼女とランチタイムだったから。

 

休憩終了10分前になってようやく折り返して来た旦那に、「今日は就業時間なり次第帰って来て。19時を回ったらもう家にはいないから」とだけ言い残してガチャ切り。
着信件数とこの一言で旦那はばれたと察したようです。
帰り道に最後のデートなんてされたらたまったもんじゃない。と思い、道路を挟んだ会社前で待ち伏せ。女って怖いな、とつくづく思いました。

 

そうして旦那を捕まえて無言のまま一緒に帰宅。旦那はこの後に及んでなんとかごまかそうとあれやこれや話してましたが、私は一切取り合わず、言うことがあるんじゃないか。隠していることはないか。と静かに聞きました。
結局旦那は白を切る事を選んだので、パソコンを突き付けて自供させました。

 

離婚かその子と別れるか、今すぐ選ぶよう言ってもパニックに陥った旦那は何も喋れず。

 

私は携帯にDLした離婚届を見せ、決まったら連絡して。それまで一緒には住めません。といいあらかじめまとめて置いた荷物を持って玄関へ。

 

そこからは旦那が早かった。別れるから!離婚しないで!どこにも行かないで!!!と言いながらすごい力で私を室内へ引きずり戻し、こうなった経緯を話してくれました。

 

まだ新婚ということもあり、簡単に離婚は出来ないな…と思っていたので、彼が反省し彼女と分かれるのであれば、関係修復の方向で考える、但し二度目があったら言い訳を聞く前に姿を消すつもりでした。

 

その後は彼女を交えて3人で話し合い、今回だけは示談に、今後少しでも怪しいことがあったら自宅と会社にも報告の上、慰謝料を請求させていただく旨伝え、彼女の前で旦那に「離婚は絶対にしたくないので彼女とは今後一切関わりません。僕が一生を共にしたいのは◯◯です」と言わせ、彼女にも「今後一切私的な接触はいたしません」と言わせました。

 

ここからはストレス耐性等で個人差があるかと思います。
2週間くらいはそれで全て解決したものと思っていました。
その後私が鬱病を発症し、睡眠障害になり躁鬱病になり…もうすぐ半年が経過します。慰謝料はいいから医療費払え。と思ってしまいます。病院に行くまでの何も出来ず床で転がって泣いているしか出来なかった1ヶ月を、病院に通って子供も作れずにいる今の時間を返せ。と思います。

 

今思うと、浮気発覚の直後はショックも大きく、自分が思っている以上になぜか大人の対応ができてしまうのです。
数日間我慢ができるなら、自分が心の底ではどうしたいのか、じっくり考えることが必要だと思います。
私は、慰謝料は取らなくても、彼女の自宅に内容証明を送りつけた上、会社だけでも辞めさせておけば良かった…と心の底から後悔しています。

 

ただ、旦那との仲は良好です。
お互い努力しているのもありますが、軽率な行動のせいで1人の人間を病気にしてしまった。人生をめちゃくちゃにしてしまった。という事実がものすごく堪えたようです。
通院前は夜毎ひどい過呼吸発作を起こし、恨みつらみを吐き出していた私ですが、通院後しばらくし、精神的に落ち着いてからはむしろ以前より良好になったのではないかと思います。

 

彼女は未だ同じ会社で働き続けており、旦那は彼女からは徹底的に無視されていると話していますが、こればっかりは信じる他ありません…。
参考浮気調査を失敗せずに費用をできるだけ安く済ませるためには?